虫歯を放置するとどんな危険があるのか

歯だけではない、全身に関わる危険

総入れ歯にならないようにするために今するべきこと

神経治療は歯の形だけを残す処置

神経治療は歯の魂を抜くことと同じことになります。
よく、気力のない人間のことを「抜け殻」と表現しますが、歯の神経を取るということは、まさしくその状態と同じになるということです。神経治療を終えた歯は、抜け殻と同じなので強度も格段に落ちますし、神経がないので痛みにも鈍感になり、再び虫歯になっても気付きづらくなります。結果、結局抜歯することになるのです。抜歯をしなければならない状態になるのは、健常な歯に比べると神経治療した歯の方が圧倒的に多くなります。
何もしなくても歯が痛む状態まで虫歯を放置していると、大事な歯を抜け殻にしてしまうことになるので、甘いものを食べた時に少し痛いくらいの痛みの時に歯医者に行くか、痛みがなくても定期的に歯医者に通われることをお勧めします。

神経治療さえもせずに放置するとどうなるか

通常虫歯が歯髄といって歯の神経にまで達すると、強い痛みが生じるので、大抵の方はこの段階になると歯医者に行かれると思います。
しかしこの段階になってもまだ歯医者に行くのをためらっていると、そのうち何もしなくても歯の神経は死んでしまい、痛みを感じなくなります。
痛みを感じないのなら良いのでは?と考えた方もいらっしゃるかと思いますが、そんなに単純なものではありません。神経が死んで痛みを感じなくなるのは一時的なもので、この状態を放置しておくと虫歯菌は歯茎の内部にどんどん浸透していき、顎の骨にまで達していくのです。顎までいかなくても歯茎に穴があいて膿が出てきます。痛むのはもちろんですが、口臭の原因にもなるので注意が必要です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る